MY2018RR2T250とMY2017RR4T430入荷、RR2T125予約受付中!

2018年RR2Tモデルの日本価格が発表されました。2017モデルから2万円のアップです。

RR2T250 1,020,000円(税別)

RR2T300 1,050,000円(税別)

 

日本入荷初回は9月上旬なのですが、当店へは今回特別にBETAmotor Japan広報車両と一緒に1台入荷させて頂きました!客注分ですので、納車整備が終わりましたらお渡ししちゃいます。現車を見たい方は1週間程度でしたら当店にあると思いますのでご来店下さい。

このモデルからかなり変更点があり、期待できる車両になったのではないでしょうか!

注目なのはやはり、車両重量がなんと4.7Kgも軽量化!走行性能や転倒時の車両起こしにも必ず役に立つと思います。

他にもこんなに!2017モデルからの変更点を書き出してみました!

 

~エンジン~

エンジン単体でも1.7Kgの軽量化、これはキックスターターの廃止が大きく影響しているでしょう。BETAのセルは信頼性が高いのでキック無しでもオッケーですね。2Tを3台乗り継いでいる私もほぼ使ったことないほどです。(オプションで装着可能)

新設計のクラッチ:2017年式までのクラッチは正直、切れが悪くレバーを大きく手前まで握らないと完全に切れませんでした。対策はあってジャダースプリングのキャンセル等で対応してましたが、その辺が改善されているといいですね!

新設計トランスミッション:シフトフィーリングが向上、ギア抜けしにくくなりました。これは今までも不満は無かったですけどね。さらに信頼性が上がったと思ってよしかな!

新設計フィルターボックス:エアー流入の最適化

新設計シリンダー

新設計シリンダーヘッド(300のみ)

新設計クランクシャフト&コネクティングロッド

新設計フライホイール?

圧縮圧力のアップ(250のみ)

 

~車体~

新設計フレーム:曲がり合成、ねじれ合成の最適化及び軽量化

フィルターボックススリム化

新設計フロントフォーク

新設計リヤショック

新アンダーガード

マフラーヒートガード新設

ブラックリム(EXCEL)

新グラフィック

 

こんな感じかな?これだけの変更点がある「新RR2T」予約受付中です。

9月上旬入荷分まだ数台の空きがあります!予約はお早目に!!

 

2018 RR2T125

待ってました!BETAの125!!すでに話題になってますがミラノショーで正式に発表されるそうです。デリバリー開始は来年の2月頃を予定してるそうです。

こちらも予約は開始してますので、検討中の方はお早めに!!

 

 

そしてこちら!RR4T430去年から入手しようと色々と水面下でやってました。BETA Japanにはだいぶ前から入荷していたのですが、ガス検査等(ナンバー取得)の取得のため当店には入荷待ちとなってました。

そのガス検査等の検査(順番待ち)が進まなくて入荷が遅れてました。遅れたせいもあり、すでに2018年モデルが発表!形式が変わってしまうことに、、、ってことは、この車両でガス検査を通してもこの1台のみしかナンバー登録ができないことになってしまった。

そこで、2018年モデルで検査をやり直すことに!

じゃあ2017年モデルの車両はどうすんの?ってことですが、今回、当店にレーサーとして入荷してまいりました。当店の試乗車としておろします!!BETAの4STも2018年モデルからフルモデルチェンジしましたが、BETAの4stエンデューロモデルがどんな物なのかの感触はつかめると思います。

気になる方は、ナグモ練習会などで試乗受付しますのでお気軽にご参加下さい。

近々では7月9日(日)日野カントリーオフロードランド!もって行きます!!

 

 

 

 

 

 


あわせて読みたい