今年を振り返って

ナグモは今日で仕事納めでした。

最終日の本日、クロストレイナーご契約いただきました!ありがとうございます。その他、今日からお休みの方が沢山ご来店して頂きました。

今年は個人的に色々とありました。嬉しい事では第一子が生まれたこと、そして悲しい事は父が他界したこと、今まで自分の人生の中で身近に生と死が訪れることは無かったので、正直気持ちの整理ができず、日々を暮らしていました。

自分の気持ちの整理のために、他界した父と生まれた娘について少し書いてみたいと思います。※プライベートのことなのでスルーしてもらってオッケーです。

父が他界したのは今年9月、69歳でした。それも突然だったので、すごくびっくりしました。

父の死因は敗血症性ショックとう病名で、簡単に言うと感染症です。死後判明したのですが、足に小さな傷があり、そこからばい菌が入って全身に廻ってしまったことが原因だそうです。

父は何でも自分でやる性格で、足の怪我も自分で処置していてばい菌が侵入、元々リュウマチや腰が悪く、免疫力も下がっていたことで全身にばい菌が廻ってしまうことに追い打ちをかけてしまったようです。先生から説明を聞いて、正直そんなことで命まで!?と思ってしまいました。

父は定年を迎えてましたので、他界時は年金暮らしでしたが、定年前は消防士をしてました。最終的には署長にまでなり定年を迎えました。父は中卒でなおかつ中途採用の決してエリートでは無かったので実力で上がりつめたのでしょう、葬式には消防関係の沢山の方がお越しくださいました。生前、一度、消防署を案内してもらったことがあったのですが、父が署内で行ってきたことや、これからやろうとしていることをその時案内してくれた消防士さんがお話ししてくれました。家庭名では無口であまり仕事のことは話さない父でしたが、仕事関係の方は皆、父を尊敬している様子でした。

死後、叙勲と言う公共や社会に功労があった人に国が授与する勲章を授与されました、とても名誉な勲章だそうです。

これから定年後の第二の人生を謳歌するはずだったのがとても悔やまれますが、腰がどんどん悪化していて、介護されて生きていく人生になる可能性が高かったので、それは本人の性格上絶対嫌だったと思います。

私は父へ親孝行が対してできなかったことが悔やまれますが、孫を見せてやれてとても可愛がってもらえたのが唯一良かったこだと思います。父の事は尊敬してましたが、死後色々な話を聞いてさらに尊敬できる自慢の父だったと思いました。

そして嬉しい事に第一子が生まれました。生まれる瞬間にも立ち会えて、その時は感動で涙がこぼれました。現在、10か月ですが、赤ちゃんからだんだん子供になってきた感じで、自分が子供を育てるなんて想像もしてなかったのに、今はこの子をしっかり育てていこうと思ってます。子育てで大変なのは私ではなく嫁さんですが、すごく頑張ってくれていて感謝です。

こんな感じでプライベートで大きな事象が起きた一年でした。来年はお店を開いて3年目の年です。少々空回り感があった今年ですが、前には進んでいます!来年はお客様に、より一層オートバイライフお満喫していただけるようサポートしていきたいと思います!!

それでは良いお年をお迎えください。

ナグモータース長嶋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あわせて読みたい