一般車両も整備しますよ。キャブレーターオーバーホール

2016030316173000

当店では珍しいと思う方も多いと思いますが、オフロード車以外の車両も修理で入庫してます。

今回はそんな車両のご紹介。

Vツインマグナ、お客様によると、新車で購入後、しばらく乗ってから数年放置してしまい、不動となってしまったそうです。

放置車両で最初に確認しなくてはならないのが、放置車両となるまでの経緯を確認することです。

「ただ乗る時間が無くて放置してしまった」とか、「壊れて不動になったから放置した」とかね。

今回の車両は、乗る時間がなくて放置してしまったそうです。

この情報を元に作業メニューを決めていきます。

決まったら、作業にとりかかります。まず、エンジンをかけてコンディションの確認。

とは言っても簡単ではありません。数年放置とだけあって、バッテリーは上がり、キャブレーターは詰まり、ガソリンは腐ってます。

バッテリーはジャンピングで、ガソリンタンクは簡易タンクで対応できますが、キャブレーターはオーバーホールしないとエンジン始動は不可能です。

 

2016030316173100

キャブレーターを開けてみると、ガソリンが腐っていて緑色の固形物がびっちり、そして悪臭が漂います。しばらくはこいつらと戦います!

私は前職で腐食キャブを散々見てきましたので、何ともないですが、初めての方は中身の状態と臭いで参ってしまうでしょうね。

ジェット類とチョークバルブが固着くして抜けなかったので、ヒーターガンで熱を加えて抜きました。

外したジェットはタッパーに貯めたキャブクリーナーにドブ漬け!これが一番!ゴム系は表面が荒れますので注意ですよ!

不良部品は交換、各通路が通っているか確認したら組み付けていきます。

ジャンピングと簡易燃料タンクを接続して、エンジンを始動、エンジンコンディションを確認します。

問題なければ、バッテリー交換、燃料タンク洗浄して組み付けます。

 

2016030619314200

組み付け終了!

メッキパーツが曇ってましたので、少し磨いてあげて完成!

今回、車体廻りはお客様でやるそうです。軽く点検して、アドバイスがあれば伝えてお渡します。

 

「ナグモ」では、一般車両の整備も受付してます。

まずは、お気軽にご相談下さいね。

 

 


あわせて読みたい