BETA RR4T125LCというバイク

今回はBETA RR4T125LCと言うバイクについて書いてみたいと思います。

なぜこのバイクについて書こうかと思ったかと言うと、RR4T125LCは以前から当店に試乗車として導入していて、試乗はもちろん林道ツーリングなどにも使用していました。そして今回チーズナッツパークで開催されたクロスカントリーレースに出場してみて、このバイクの可能性について記事にしたいと思いました。

 

2019RR4T125LC

車格はフルサイズでフロントホイール21インチ、リヤ18インチのエンデューロ車両です。前後サスペンションにはR16Vと言うメーカーを採用。車重は乾燥重量で102Kg

エンジンはミナレリヤマハ製の4ST水冷125cc

車体とエンジンのバランスがとても良く、取扱いしやすい車両です。扱いがしやすいと言うことはミスが少なくなり、レースでは良い結果につながると思います。

林道ツーリングでは十分なパワーとサスペンション性能で、安心してライディングを楽しめます。

実際、当店でこの車両を購入していただいたお客様は林道ツーリングメインのお客様が多く、いずれも気に入ってくれています。125ccなので高速道路は乗れませんが、軽量なオフロード車両での高速走行は危険なので乗れなくてもいいかなと思います。

 

3時間レース後

そして今回、クロスカントリーレースに出場!

車両仕様は特別変更してないノーマル車両で出場。

ヒルクライムなどはパワー不足を感じる場面もありましたが、ダウンヒルやウッズは重心が低く安定して走れるので、レース用車両と遜色ない走りができました。何より無駄にタイヤが空転しないのでボディアクションでトラクションをかけなくても、勝手にトラクションしてくれてグイグイ進んでいきます。

身体への負担が少ないのもおすすめできる点で、レース後の疲れ具合が全然違いました。

レース結果は135台中7位で思っていたよりだいぶ良かったです。走りやすい車両で終始安定した走りができたことで結果に繋がったんだと思います!

Y2-XC最終戦リザルト

つまりこの車両は、かなり高いポテンシャルがあるってことです!乗りやすく、林道ツーリングからレースまで使用できるRR4T125LCおすすめです!!

当店で試乗可能ですので、バイクに乗れる装備をお持ちの上「ナグモータース」までご来店ください。

 

2018年モデル RR4T125LC 600,000円(税抜)ジャパン在庫限り

2019年モデル RR4T125LC 620,000円(税抜)


あわせて読みたい