YZ125Xローダウン作業とユーザーさん自身で作業する方への注意事項

本日の作業はYZ125Xローダウン

ヤマハ車両はシート高が高い!身長で言ったら170cmぐらいないとキックすらできないという致命的なことになってしまう。

当然、キックができないとエンジンがかけられない、セルが無い車両でこれは困る。

今回作業したお客様は、新車でご購入したがノーマル車高ではキックができないため作業ご依頼いただきました。

 

ここでユーザーさん自身で作業する方(チャレンジする方)に注意して頂きたいとこがあります。

最近ではユーザーさんでもローダウン用パーツが手に入るようになりました、フロントは内部パーツを交換して下げるわけで、フロントフォークオーバーホールができるユーザーさんならローダウン可能です。

問題はリヤです。当店でお勧めしているパーツはフロントと同様に内部パーツを交換して車高を下げるパーツです。

リンクで下げるパーツもありますが、メーカーが設定したリンクのレバー比を崩してしまいサスペンションセッティングが難しくなります。

内部パーツを交換するということはサスペンション自体を分解することになります。その作業をユーザーさん自身で作業するのはやめた方が良いです。中々ユーザーさん自身でやろうという方は少ないとは思いますが、パーツが入手可能になったことで、「やってみよう」と思う方も少なからずいるかと思います。

なぜかと言うと、リヤサスペンションには高圧のガスが入っていて下手に分解すると爆発します。分解ができたとしても組込時にエアー抜きが確実にできなければ高圧ガスを入れた瞬間に内部パーツが壊れます。なんとか組みあげられたとしてもオイルにエアーが混入していれば正常に作動しません。作業には危険が伴いますし、技術や設備も必要です。ユーザーさん自身での作業にはリスクが高すぎます。

作業の際はサスペンション作業可能なショップにお任せしましょう!

当店でも作業可能です。

リヤサスペンションローダウン(同時OH) 12000円(税抜)+部品代

 


あわせて読みたい