ガエルネ SG-12 ブーツ選びの重要性

今回、自分用にガエルネのSG-12というモトクロスブーツを購入しました!

image

SG-12は、ガエルネ史上最高のモトクロスブーツで、プロテクションはもちろん操作性にも優れた物になっています。今回は「ブーツ選びで

重要性」 「実際にこのブーツを使用した感想」 について書いてみました。

 

まず、オフロードブーツを購入する上で重要なことを上げてみましょう。

 

1.プロテクション

転倒し、足がバイクの下敷きになったり、地面に足を付いて足首を捻ったり、その時にブーツを履いていなかったり、ふにゃふにゃのブーツだと怪我をします!

怪我を防ぐためにもプロテクションは最重要でしょう。

 

2.操作性

オフロードバイクに乗るためのは、足でリヤブレーキペダルとシフトペダルの操作、ステップワークが必須になります。

速く走ろうとすればするほど、繊細な操作が必用になります。

そのために 、操作のしやすさ(動かしやすさや足に伝わる感覚)が重要になります。

 

3.衝撃吸収力

モトクロスやエンデューロでは「強い衝撃」や「何度も繰り返す衝撃」を受けます。ジャンプやギャップでの衝撃吸収は、体力を奪われます。

もちろん筋力に自信があり、長時間乗っても大丈夫!って人はいいと思いますが、そうでない人が大半でしょうから、ブーツがそれを補ってくれれば後半のライディングに違いが現れます。

 

他にもデザインや視野性など色々とあると思いますが、今回はこんな所にします。

 

オフロード走行を初めた方が、まず思うことは「こんな硬いブーツじゃ走れないよ」だと思います。(自分がそうでした)

しかし、今回上げた理由を理解して頂ければシッカリしたブーツの必用性がわかるのではないでしょうか?

ガエルネのブーツは、日本人専用の足形(日本正規品のみ)を使用して作られており、甲高幅広の「THE日本人足」な方にはジャストフィットします!

 

競技人口が多くて類似する部分が多い、スキーやスノーボードを例に上げてみます。スキーやスノーボードの道具選びはブーツから始めます。

スキーやスノーボードでブーツが合わなければ、どんなに良い板を使っても上手く滑走することができません。自分の力を板に上手く伝えられないからです。

バイクだとステップワークになるでしょうか?ブレーキペダルやシフトペダルを操作する以外にもコーナーリングをするキッカケで踏み込んだり、直線でトラクションをかけたりします。

バイクに上手く力を伝えられなかったら、バイクを速く走らせることはできないと思います。

 

また、くるぶし部分が横方向に動いてしまうブーツはあまり良くないと思います。横方向に動く必用が無いからです。

膝はニーブレースをして横方向への動きを抑制します。くるぶしも同じだと思います。

ホールドをするために必用な気もしますが、動くことと、力を伝えることは別問題だと思います。動かないことによってダイレクトに力を伝えられます。

 

実際にこのブーツを履いて、練習やレースに使用して思ったことですが、くるぶし付近のグリップが良く、バイクとの一体感が増しました。また、フルプロテクションのブーツなのに動きがすごく良いと思いました。

練習後やレース後には、足の疲れが少なく、回復が早かったです。

 

こんなところでしょうか、オフロードブーツ選びの参考になればと思います。

 

NAGmotorsでは、ジャペックス製品のパートナーショップとなっております。オフロードブーツの購入をご検討の方は、ぜひ当店へご相談下さい。

 


あわせて読みたい