KTMエンジン整備

なぜか、KTMのエンジンメンテナンスのご依頼が続いてます。

 

350SX-Fのバルブクリアランス点検

250EXC-Fのバルブクリアランス調整

350EXC-Fのエンジンフルオーバール

250EXC-Fキャブ車のエンジン不調

 

依頼がたくさんあるのはありがたいことです。

おんなじようなメンテナンスが続くのは、バイクショップあるあるですしね(笑)

 

この中で、わざわざ北海道から依頼していただいた350EXC-Fのエンジンフルオーバーホールを少しご紹介

このお客様、北海道の広大な大地を全開でスーノーライドしていたら、急にエンジン音が大きくなってしまったようです。

そこそこ距離も走っていたこともあったようで、これを機にエンジンオーバーホールを依頼して頂きました。

 

エンジンが届いたら、状態を確認。

2016041013484300

ヘッドカバーを開けると一見問題なさそう、

 

クランキングすると、どうも圧縮が抜けてる感じ、ピストンカジったかなぁっと思いながら、カムを外してると

2016041013484200

カムホルダーのジャーナル部にカジリが

 

2016041013484101

カムジャーナル部も荒れてます。

 

2016041013484100

シリンダーヘッド側もカジリ

 

そして、シリンダーを外すと

2016041013484000

思いっきりカジってました。

 

2016041013483900

当然シリンダーも

 

エンジンフルオーバーホールでお預かりしましたが、腰上分解の時点で、すでに部品代が高額になることが決定してしまったので、いったん見積もり作業を中止、

お客様に連絡して確認中です。これは修理するか悩みますね。。。

 

 

 

 


あわせて読みたい