YZ250FX フロントフォーク ローダウン

image

今回、お客様から相談があり、YZ250FXのフロントフォークをローダウンして欲しい、とのことでお預かりしました。フロントに荷重をかけたいが、フォークが沈み込まないため、上手く荷重をかけられないそうです。

フロントフォークの突き出しは最大まで突き出していて、もう少し下げたいと相談がありました。このお客様は主にJECに出場している方で、身長は170㎝前後、体重は58㎏の細身の中級ライダーです。

スプリングのバネレートを下げる(スプリング交換)ことによる、初期の沈み込みで対応したいのですが、YZ250FXのオプションにはバネレートの低いフロントフォークスプリングの設定が無く、今回のお客様のような軽量のライダーだと困ってしまいます。

そこで、ローダウンすることにより、重心をフロント寄りにし、フロントに荷重をかけやすくします。

ただ、スプリングを替えずにローダウンするとプリロードがかかってしまい、車高は下がっても初期の動きが悪いフォークになってしまいます。今回は、ある加工を施し、スプリングはそのままで、プリロードが余計にかからない仕様にすることができました。

前後のバランスもリセッティングが必要ですが、これでフロントが下がり、軽量ライダーでもフロントに荷重がかけやすくなります。足つきも良くなりますね。また、車体全体の重心も下がり、車体が安定する効果もあります。もちろんネガな部分もあります。車高が下がったことにより腹下をヒットしやすくなります。

安易にローダウンすると車体のバランスが崩れるのでお勧めしませんが、今回のようなケースでは有効だと思います。

FB_IMG_1447402052850

早速、テストに行ったそうで、いい感触だとおっしゃっておりました。来週末はJEC最終戦、ぜひ頑張ってもらいたいですね!

当店では、サスペンションに関するアドバイスやセッティング変更を行っております。お困りの方はご相談下さい。

 

 

 

 


あわせて読みたい