Beta RR2T250 racing 納車整備とスタンダードとの比較

Beta RR2T250 racing

そろそろ、海外のサイトでは画像が出ていたりして2016年モデルが発表される予感がしてますが、今回は2015年モデルの納車整備とスタンダードとの違いをご紹介!

今更感ありますが、細かい部分まで紹介したいと思います。

image

外車って箱に入ってきます。知ってる人には何てことないとでしょうが「バイクが箱に入って運ばれて来るってどうなってんの?」とか「ダンボールだけど固定はどうしてんの?」とか不思議に思ってる人も多いんじゃないでしょうか。

ダンボールの中では、木枠があり、ちゃんと固定させてますのでご安心を(笑)

 

image

開梱の様子をオーナーさんが見たいとご来店 、早速イイコイイコしてました(笑)

 

image

大きな違いは、フロントフォークです。スタンダードがザックス製のオープンカートリッジですが、レーシングはマルゾッキのクローズドです!

マルゾッキはちょっと気になるニュースがありましたね。売却、、、今後どうなるでしょう。

何はともあれ性能が良いのは間違いないです!

 

image

インナーチューブはDLCコーティング

 

image

フロントアクスルには引っこ抜きやすいように取っ手付き

 

image

image

ステムのチェック、Beta特有の白いグリースがたっぷりです。このままでも充分ですが、水に強く耐久性のあるグリースに交換します。

 

image

ホイールベアリングにもはみ出るほどグリースがたっぷり、これも交換します。

 

image

スポーツは増し締めとバランス調整します。

 

image

ステップはワイドステップになっています。買うと高いですから最初から装備されてるのは嬉しいですね。

 

image

image

image

ブレーキペダル、シフトペダル、フロントブレーキマスターは黒くなってます。細かい所までスタンダードとは違います。

 

image

オイルフィラーキャップは削り出しのアルマイトです。

 

image

スイングアームデカール標準装着

 

image

リヤアクスルブロックも削り出しのアルマイト

 

image

リヤ周りも一度分解してグリスアップします。

 

image

リヤサスペンションのセット長を確認、お客様の体重に合わせて大体ですが調整します。実際には、乗ってセッティングしますが、これをやっておくだけで、調整が楽になります。

 

image

チェーンアジャストボルトにはスレッドコンパウンドを塗っておきます。

 

image

ダブルマップCDIが標準装着、走行中にエンジン特性を変更できます。

 

image

シートには、オンタイムエンデューロで便利なタイムスケジュールメモ入れ付き

センスのよいデザインと色合いが美しい!

 

image

リムデカールもついてきます。

 

image

おしゃれですね。

 

image

スタンダードと並べて1枚、並ぶと格好良さ倍増です!

スタンダードとレーシングでこれだけ違いが有るならレーシングを選ぶ価値はあるでしょう。

納車整備状況をお客様に随時連絡してますが、そのつど大興奮してます(笑)

 

さて、2016年モデルはどうなるのでしょうね。海外サイトでは2stオイルインジェクションシステムが導入?となると分離給油になるのでしょうかね。

気になって夜も眠れません。

 


あわせて読みたい