ヤマハ YZ250FX フロントスプロケット交換時の注意点

YZ250FXでトラブルが数件発生してるので記事にしてみます。※YZシリーズはおそらく全ての車両に該当すると思います。

フロントスプロケットを交換する場合、ナットとロックワッシャーを外して交換します。

スプロケットを交換して、元に戻すわけですが、ロックワッシャーを再使用しちゃってませんか?

これがトラブルの原因になります。

ロックワッシャーは端の羽部分を曲げてナットが緩まないようにするのですが、再使用は基本的にできません。一度曲げたロックワッシャーを再使用するとロックできてるように見えても簡単に広がってナットが緩みを起こします。

 

YZ250FXの場合、スプロケットのナットが緩み手前にスプロケットが移動するとその奥に入っているカラーも一緒に手前に移動してしまいます。スプロケットカバーがあるのでナットは緩んでも外れません。外れないから走れてしまいます。

すると、シールとカラーの間に隙間ができてしまいオイルが盛大に漏れます。

今回の車両はすぐ気が付いてエンジンへのダメージは無かったのですが、前回修理した車両は気が付かないまましばらく走ってしまい、エンジンフルオーバーホールとなりました。

 

ロックワッシャーはプロの方が再使用することはありませんが、ユーザーさんで交換の場合は必ず交換しましょう。

 

ナットを規定トルクで締め付けたらしっかり折り込んでロックします。

 

YZ250FXのロックワッシャーは190円です。交換しなかったためにエンジンを壊してしまうこともある重要なパーツです。

整備ミスにより壊してしまうようでしたら、プロの方にお願いして確実な整備をした方が結果的に安くすみますよ!!


あわせて読みたい